FC2ブログ

記事一覧

音楽における時間の歪みの証明ーProof of the distortion of time in the musicー

蒲田の踊りの後の議論のメモです。蒲田の踊りの後は打ち上げに出て、その後佐藤さんと昼の15時まで議論してました。佐藤さんの詳細は書けないのですが、IT系を仕事とされており様々な分野と関わっています。書けない情報もありますのでその点はご了承下さい。

*ニュートリノの衝突実験が意外と忘れられていること。これは四次元の証明実験でありますが、その後の展開を知っている人に私はまだ出会っていません。

四次元の証明は興味深いです。私達が生きている世界は実は三次元ではなく、四次元なのでは?という話があります。要するに人間が知覚出来るのは三次元までですが、現実は四次元という話です。四次元というのは四角い箱からポコポコ四角い箱が出てくる世界です。要するに時間の流れの切れ目を知覚出来る世界です。これがニュートリノの実験では証明の可能性があったのですが、その後の展開を知る人がいないのです。

音楽家は四次元を知覚出来るのか?
音楽家には宅録してる方でオーバーダブをしている人がいると思います。オーバーダブというのは「6分のギターを録音した後に、6分のベースを重ねる」ということです。この事が実現している時点で音楽家は四次元を知覚している可能性があります。時間の話になると更に面白いことがあります。それはポリリズムです。

ポリリズムというのは音楽の技法の用語で、同じ曲の中で異なる拍を重ねることを言います。例えばドラムが7拍で、ベースが4拍ということです。ポリリズムの発生はアフリカの民族音楽にあると言われています。民族がリズムを叩く時に踊りながら叩いていたため1拍がズレたというのが始まりと言います。ポリリズムと言いましても数学的な物から感覚的な物まであり、感覚的な物はスコアに表せない物もあります。ジャズドラマーのアントニオサンチェスのバードマンのサウンドトラックなどがそおうです。 

ポリリズムのジャズファンクと言えば下記のマイルスデイビスのオンザコーナーがあります。

https://www.youtube.com/watch?v=Ps0ka1tY5yg 

それを更に推し進めたのが菊地雅章の下記の音楽です。

https://www.youtube.com/watch?v=0kPzaKaId4I 

そしてここからが更に面白くて、以下が菊地成孔の構造と力です。

https://www.youtube.com/watch?v=2nbAfoNIv94 

これは途中遅く聴こえている部分がありますが、曲全体のBPMは変わっていないのです。音楽としては絶賛出来るものではありませんが、これは時間の歪みではないかと言う話です。 

ではこの時間の歪みは何故出来るのか?一つ仮説が立てられるとしましたら街中での人混みでの会話を想像して下さい。 あなたが友人と二人で話されていても街中には他者の会話も含め様々なリズムの音で溢れています。その中の印象的な一つの音につられてしまって、自分の中の時間感覚が狂うということは十分にありえるのです。菊地成孔がどこまで考えてこの曲を作っているのかはわかりませんが、このことは非常に面白いことです。

このblogは投げ銭です。お気持ちを以下の振り込み先に下さい。よろしくお願い致します。

投げ銭お振込み先
みずほ銀行
大森支店
普通
口座番号 1529340
名義 ヒライシ ユウ

A memo of the argument after Kabata's dance. I was going out to send up after Kabata's dance and was arguing with Mr. Sato until 15:00 noon after that. Mr. Sato's details can't be written, you make the IT system work, and I concern the various fields. There is also information which can't be written, so please consent to the point.

* That a crash test of a neutrino is unexpected, be left. This is a four-dimensional proof experiment, it's after that, I don't meet the person who knows development yet.

The four-dimensional proof is interesting. When isn't the world through which we live three dimensions and is it four dimensions actually? I have the something to discuss that I say so. It's to the three dimensions that man can perceive in essence, but actuality is talk as four dimensions. The one as four dimensions is the world by which a square box leaves POKOPOKO from a square box. The world which can perceive a cut of a flow in time in essence. This had a possibility of the proof by an experiment of a neutrino, it's after that, there isn't a person who knows development.

Can a musician perceive four dimensions?
For a musician, takuroku, I think there is a person doing OBADABU at a way. After recording a guitar for 6 minutes, the one as OBADABU "piles up a base for 6 minutes", said. There is a possibility that a musician perceives four dimensions with the time when this thing is achieved. When I come to talk about time, it's more fascinating. That's a polyrhythm.

The one as a polyrhythm says to pile up haku different in terminology of a musical technique in the same song. For example a drum is 7 haku and a base is said to be 4 haku. It's said that there is occurrence of a polyrhythm in African folk music. The one by which 1 haku slipped says a first because I was beating while dancing, when a race hit rhythm. Even if I say a polyrhythm, there even is something sensuous from something mathematical, and there is also something anything sensuous can't show to the score. A sound track of a birdman of Antonio Sanchez of a jazz drummer is GASOOU.

When saying jazz funk of a polyrhythm, the section has following Miles Davis's on.


It's the following Masaaki Kikuchi's music that more that was moved forward.


It's more interesting from here, and below is the structure and the power of Kikuchi seiana.


The way is slow and there is a part heard, but doesn't this change BPM of the whole song?

 This blog is managed in donation. Can the person to whom my sentences were fascinating have donation? My Paypal address is being written on below, so please transfer.

My Paypal address  haii_yuuko@yahoo.co.jp 
 
スポンサーサイト



コメント

No title

はじめましてです。 菊地成孔についてはニコニコ動画上でモダンポリリズム講義をやっているあたり、おそらく狙ってやっているかと思います。 本人としては、該当の曲をこのように説明しております。 ここでの構造は4分の4と4分の5。つまり4拍子と5拍子が同居している。というのが特徴で、いわゆる前作の「プレイメイト・アット・ハノイ」のような、 12素数の割り切れるコスモス・ポリリズムではなく、片方から見るとスクエアなリズム(5拍子で取ると、16分音符を基調にしたハウスみたいに聴こえる)だが、 片方から見ると「訛って」聴こえる(4拍子で取ると、津軽民謡とか、アフリカ民謡みたいなつんのめったトライヴァリックが聴こえる)という物になっています。

Re: No title

りょおさん。コメントありがとうございます。そのような理論的な分析は私には出来ないので嬉しく思います。狙ってやっているというのも同感です

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YoshitokiSeishin

Author:YoshitokiSeishin
Japanese noise musician


Dragon Records


Internet

カテゴリ