FC2ブログ

記事一覧

音楽家は音楽以外の活動をしなければならない?!

今日のノイズ音楽研究会は非常階段です。私は非常階段の音楽はいいと思わないですが、これも色んな人が指摘しているので今更晒そうとは思いません。それよりも非常階段はアルバムの数が多いので、その中に一つでも芸術があるのか?については気になります。あと非常階段のアルケミーレコードや初音ミクとのコラボレーションなど、ノイズの価値を広めた活動は評価出来ます。Merzbowの秋田昌美もノイズの本を出したことにより名前が...

続きを読む

広い人達。―広瀬香美は広いのか?―

自分自身を決めるというのは難しく、恐ろしく多くの人が出来ないことです。私は音楽をたくさん作って来てますし、それを遠くから聴くことで自分自身を決めて来ました。私自身は妙に馬鹿な部分と自分を追い込む所があり、10代の頃三日間で寝ないで曲を作り続けることなどやってました。そこまでやれとは言いませんが、とにかく自分で決めてみてそれを遠くから見ることを繰り返す作業が必要です。でもそんなが出来た私でも迷うことが...

続きを読む

時間の解放について

https://ultra-high-temperature-radioactivity-records.bandcamp.com/track/super-malevolent-deity-new-music-slanted-line[週一リリース-Release of a new song of once a week-]高濃度汚染水recordsから週一リリース、来週の分の私の新曲です!新曲では時間から解放されつつあります。ここまで来ると聴ける人は少ないでしょうが、皆さんの耳を信じています!私の音楽は騒音ではなくて怒号です。何卒御拝聴、御購買を願います!...

続きを読む

カイヤサーリアホは凡庸でしたの内容

東京オペラシティに現代音楽家のカイヤサーリアホの演奏を見に行ったのですが、最悪でした。ブライアンファーニホウの弟子ということで期待して行ったのですが、凡庸で退屈でした。激しくなる瞬間の合図も正確な時間軸で出す凡庸な物でしたし、和音も凡庸。ディレイという遅延する技術の使い方も凡庸。ポリリズムという違う拍を同時に鳴らす技法も凡庸。「こんなところにこんか音が!」という奇抜なアイディアはある程度音楽聴いて...

続きを読む

Melodionを歩きながらも常に吹いている成果です

https://soundcloud.com/haiiyuuko666/the-strength-of-the-super-malevolent-deity-new-music 私の新曲です。かなりいい曲が出来たと思います。自分の可能性がまだまだある事に喜びがあります。曲の構成も段々と複雑になっています。何卒御拝聴を願います。クセナキスとモーニング娘。を聴き直して本当によかったです。My new song. I think quite good song is done. There is delight in the case that the possibility is stil...

続きを読む

「先端の現代アートについて」 「Present-day art in a point」

「先端の現代アート」「Present-day art in a point」下記の画像はwhitney biennialのアーティストであるdarren baderの作品です。信頼出来る美術家の人と話しても先端の現代アートであるという評価です。私はこのアーティストの作品を測定すると「黙らせる作品」と測定出来ます。黙らせるというのは暴力的な黙らせ方ではないです。それというのは分かりやすく言うと本当の意味での空気の読めなさであると思います。本当の意味の空...

続きを読む

音楽における時間の歪みの証明ーProof of the distortion of time in the musicー

蒲田の踊りの後の議論のメモです。蒲田の踊りの後は打ち上げに出て、その後佐藤さんと昼の15時まで議論してました。佐藤さんの詳細は書けないのですが、IT系を仕事とされており様々な分野と関わっています。書けない情報もありますのでその点はご了承下さい。*ニュートリノの衝突実験が意外と忘れられていること。これは四次元の証明実験でありますが、その後の展開を知っている人に私はまだ出会っていません。四次元の証明は興...

続きを読む

友人の廣田さんの薦めでマミー観ました

友人の廣田さんの薦めでマミー観ました。友人の薦めであれども正直に書きたいと思います。この映画のテーマとしては自己愛性人格障害の問題があったと思います。自己愛性人格障害の人は現代では非常に多いと思います。私自身も自己愛性人格障害を経験してますし、精神病院の入院も経験してます。なので共感も深読みも出来るのですが、それと映画の良さは別です。まずこの映画はと測定出来ます。私は村上春樹を評価しないのですね。...

続きを読む

永遠の現在(アイオーン)についての説明

永遠の現在、アイオーンについて説明致します。本来はわかりやすく説明することが陳腐化として間違っていて、本を読んで各々が誤読して上に向かって語り合って行くのがいいのです。内田樹の欠点はテレビ的エンターテイメントに陥ってしまっていることです。「わかる」というのがそもそもの間違いで、哲学とは始点から終点までの旅です。音楽を作ってる方で歴史に残るための音楽制作を勘違いしている人がいますが、歴史に残る音楽とい...

続きを読む

アイオーン(永遠の現在)とピエールブーレーズの音楽理論

https://ultra-high-temperature-radioactivity-records.bandcamp.com/track/super-malevolent-deity-new-musical-aeon-aeon高濃度汚染水recordsから週一リリース、来週の分の私の新曲です!新曲では曲の長さで値段を変える事を試みています。大きい絵画は値段が高くなるので、長い曲は値段を高くするのもありだというのが私の意見です。楽曲内容としてはアイオーンを意識しています。アイオーンとは永遠の現在であり、これがピエ...

続きを読む

プロフィール

YoshitokiSeishin

Author:YoshitokiSeishin
Japanese noise musician


Dragon Records


Internet

カテゴリ