FC2ブログ

記事一覧

SM1

男「今日病院に電話して、医師も一人の人間ってことがわかったよ。都合の悪いことは答えないみたいだね。例えそれが患者のためであっても。」女「じゃあ、医師がロボットのとこ行けばいいじゃない?医師も人間だから殺人もセクハラもする。そんなの当然なことよ。今更気付いた?」男「いや、ちょっと待てよ。医師がロボットってのも所詮妄想だろ?行けばつったって…」女「あら、あるわよ。」男「どこに?」女「わたし」男「ちょっと待て。お前は...

続きを読む

常識人6

「死ね」...

続きを読む

常識人5

「あぁ、おちんぽ様。僕の大好きなおちんぽ様。どうして大きくならないんだい?あなたは麻薬でもやっているのかい?もぅ~、ダ・メ☆だよぉ~。おちんぽ様が小さいと入れた時気持ちいいじゃないかぁ~。あぁ、焼却炉を燃やしたい。加害者が被害者に変わる瞬間。その瞬間に僕ちん(ちんこじゃない)は絶頂を迎えたいなぁ~。でも、大丈夫!安心して。どんなことがあっても、僕のおちんぽ様から放たれる小水で全てを解決できるからさぁ。...

続きを読む

常識人4

「最近人殺したいと思ってるのは、別に人に恨みがあるわけじゃないことに気づいたんだ。アートなんかやってもつまんないじゃないか。所詮犯罪には敵わない。まぁ、実際これは虚勢で人殺すことなんかできなさそうだしさ。まぁ、法律もあるし。それ以上に勇気がないかな?正確には殺したいんじゃなくて、殺されたいのかな?まぁ、皆生きるとか死ぬとか大袈裟だよな。本当はどっちにだって興味ないだろ?ただ時間だけが過ぎればいいし...

続きを読む

常識人3

誰も浦島太郎を殺したい人物がいないということは、浦島太郎にとってとても不幸なことであった。しかし、それは当然の習わしだったのかもしれない。だって浦島太郎は永遠になくならないから…。あの物語には毒が全くないから…。世の中には自ら自分の舌を二つにしたりして、人体改造をする人達がいるらしい。私はこの人達のことについて考えてもわからないから、考えないようにと思ったが、おいっ、それは待てよと。お前だって常に自...

続きを読む

常識人2

「もう死にたい…。あれ…?亀仙人はどこ…?もう亀じゃなくなったの…?これで俺の話を聞いてくれる人はもう誰もいなくなった…。皆は俺のこと明るいって思ってるんだろうな…。本当に死ぬやつって暗くないからなぁ…。いや、そこまで考えてないか。まぁ、いい。俺はこのまま廃墟のように忘れられていくさ。ガリバー遊園地のように…。」しかし浦島太郎は死なない。中々死なない。死ぬってのはそれだけ大変なことだからである。人類皆の夢で...

続きを読む

常識人1

「今を生きてる言う人も、結局過去と未来のことばっか考えてるじゃないか。岡本太郎の嘘つき」「でも嘘をつくことは悪いことかもしれないけど、しょうがないよ。君は嘘をつく大人が嫌いかい?でも君だって嘘をつかなかったことはないだろ?」「だけど…騙されたんだ…本当にひどい裏切りを…」「へぇー、それはよかったねー」「なに!?その軽い返事!?」「いや、だってお前のこと別に興味ないもん。なに?心配でもされたかったの?するわけない...

続きを読む

あ、

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B003GYCNGG/ref=mp_s_a_1?uid=NULLGWDOCOMO&qid=1316664283&sr=8-1...

続きを読む

主婦マチ子2

蕎麦屋に入るとどこにも人の気配がなかった。マチ子は恐る恐る聞いてみた「あの…医者はどこに…?」「ん?いやここにいるじゃん?」そう言って男は自分の顔を指さした「えっ!?もしかしてあなたが医者!?」「そうだよ」マチ子は少々びっくりしたが、よくよく冷静に考えてみれば彼は自分が医者であることを一度も言及していない。つまり、彼は医者である可能性があったはずなのであった。それは彼だけでない。全ての知らない他人に言える。...

続きを読む

主婦マチ子1

今日は洗濯物をしたヨっ☆主婦って楽でいいよネっ☆あとは旦那が帰るのを待って、寝るだけさ☆最近mixiやツウィッターも初めました☆この仮想社会でコミュニケーションを取ってても全然意味ないことはわかってるんだけど、でも私主婦だからいいよネっ☆でもできることならもっと楽したいなー☆家事すらもしたくないなー☆「だったら殺せよ」「へ?」「だったら人殺して刑務所入れよ。楽な生活送れるぜ?」「全然楽じゃないよ。刑務所でもちょっと...

続きを読む

プロフィール

YoshitokiSeishin

Author:YoshitokiSeishin
Japanese noise musician


Dragon Records


Internet

カテゴリ